いしもりなこ作品展「心象の明滅」2019.7.19~21

いしもりなこ作品展「心象の明滅」開催決定いたしました。

【日時】
7月19(金),20(土),21(日)

19(金)11:00-20:00
20(土)11:00-19:00
21(日)11:00-19:00
(時間は変更になる可能性があります)

【場所】
ギャラリー イロ (JR吉祥寺駅徒歩7分)
https://1-6.jp/


「心象の明滅」
宮澤賢治の言葉を借りました。

絵は「春と修羅」
黄金に輝く春の草原を、歯ぎしり行き来する修羅が歩く。
この世界観にガツンとやられたのでした。

闇と光の対比が美しい。

今までは心の「光」を中心に描いてきましたが、今回の展示は「闇」にも重きを置いてみました。

ずっと黒色を恐れていた。
それはどこかで自分の闇を嫌い、隠してるのだと気づいた。
光も闇も自然なもの(むしろそれが人間ですから)それでいい。

怒り、欲、悲しみ、嫉妬、怠惰

きちんと理由があって生まれてくる感情。
全て、自分の中に原因があるもの。

人は光ばかりではいられない、弱いものだなぁと絶望したり愛おしく思ったり。

 

【販売中】「dance」(あの夜の夢)F20号(727×606)

煌びやかな舞踏会の裏では人間の欲望が渦巻く…

 

自分の闇をひた隠しにしてる人は
もしかしたら、ザワザワくるのかなと思います。

——–

絵の統一感というよりは、思いついたものを絵にしたくなる。ただそれだけ。
だから展示タイトルは「心象の明滅」なのです。

当日は絵を描きながらお待ちしております。